社労士PAKの労務日記

日本のどこかで開業中の社会保険労務士PAKです。お役立ち情報をちょろちょろとお届けします。

都道府県別消費税免税店数(2019年4月1日現在)について

f:id:paktong:20190613174548j:plain

 官公庁が今年も消費税免税店数を発表しました(参考:都道府県別消費税免税店数について

 

 それによると、2019年4月1日現在で日本全国の免税店数は50,198店となり、初めて5万店を突破したとのことです。

 

 昨年(2018年)4月1日から一年間での増加数は5,552店(12.4%)とのことですので、2017年4月1日から一年間の増加数(4,114店)より更に増加のスピードが伸びたと言えます。

 

 三大都市圏とそれ以外の地方別の数は、

・三大都市圏:31,157店(6.2%増)

・地方:19,041店(5.2%増)

となります。

 

 元々観光庁は2018年に地方における免税店数を2万店規模へと増加させることを目標としていましたので、おおむね目標の水準に達したと言えるのかも知れません。

 ただしその伸び率はやはり三大都市圏が大きく、都市部と地方の格差を埋めるには至っていない模様です。

 

 いずれにせよ来年のオリンピックに向けて、インバウンド消費はまだまだ高まりそうです。

 

www.mlit.go.jp