社労士PAKの労務日記

社会保険労務士PAKによるブログです。お役立ち情報をちょろちょろとお届けします。

【新型コロナ】持続化給付金の詳細

 多くの事業者の方が申請の日を待っているであろう持続化給付金の速報版が昨日(4/27)公表されました。

 

 まずは最も気になる情報から。

 申請開始は5月1日となる模様です(正確には「補正予算成立の翌日」から。補正予算の成立が4月30日となると見込まれます)。

 該当する方は下記のような要領で申請の準備を始めましょう。

 

■対象

①新型コロナウィルス感染症の影響で、(任意の)ひと月の売り上げが前年同月比で50%以上減少している事業者

2019年以前から事業による事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思がある事業者(2019年中に創業した場合は特例あり)

③法人の場合は、
 ・資本金の額又は出資額が10億円未満、又は
 ・上記定めがない場合、常時使用する従業員の数が2,000人以下

 

■必要書類

①2019年(法人は前事業年度)確定申告書類

②売上減少となった月の売上台帳の写し

③通帳写し

④身分証明書の写し(個人事業主)

 

■申請方法

①補正予算成立後に専用HPが開設

②HPよりメールアドレスを仮登録

③仮登録したメールアドレスに届いたメールを確認して本登録

④ID/パスワードを入力→マイページ作成

⑤必要情報及び必要書類をUP(PDFファイルやスマホなどの写真画像でも可)

   ↓審査

通常2週間程度で給付通知書を発送・登録口座に入金

 

■売上減少分の計算方法


前年の総売上(事業収入) - (前年同月比▲50%月の売上×12ヶ月)
※法人上限200万円、個人上限100万円

 

例①

2019年3月売上:100万円
2019年4月売上:80万円
2019年5月売上:120万円 年間売上:1200万円

 

2020年3月売上:80万円 ×(前年同月比▲50%でないため算定対象外)
2020年4月売上:50万円 ×(前年同月比▲50%でないため算定対象外)
2020年5月売上:60万円 〇(前年同月比▲50%になるため算定対象月)

 

1200万円(前年総売上)-60万円×12(今年5月の売上×12か月分)=480万円

480万円>200万円(100万円)なので、

 

支給額:200万円(100万円) ※( )内は個人事業主の場合

 

例②

2019年3月売上:100万円
2019年4月売上:180万円
2019年5月売上:100万円 年間売上:1200万円

 

2020年3月売上:80万円 ×(前年同月比▲50%でないため算定対象外)
2020年4月売上:90万円 〇(前年同月比▲50%になるため算定対象月)
2020年5月売上:50万円 〇(前年同月比▲50%になるため算定対象月)

 

この場合に、4月を算定対象月とすると
1200万円(前年総売上)-90万円×12(今年4月の売上×12か月分)=120万円

120万円<200万円なので、

法人の場合の支給額が120万円となってしまいます(個人事業主は100万円)。

 

一方で5月の売上を算定対象とすると

1200万円(前年総売上)-50万円×12(今年の5月の売上×12か月分)=600万円

600万円>200万円

となり、法人の上限である200万円を受け取ることが出来ます。

 

このように法人・個人に関わらず、どの月を算定月として選ぶかによって上限の支給額が受けられなくなってしまう可能性がありますので、申請の際にはしっかりと計算をしたうえで申請をすることをお勧めします。

 

その他申請に必要な情報は下記PDFよりご確認ください。

持続化給付金に関するお知らせ(速報版)

持続化給付金申請要領(中小法人向け)

持続化給付金申請要領(個人事業者等向け)

 

f:id:paktong:20200428111818j:plain

 

f:id:paktong:20200428111834j:plain

 

f:id:paktong:20200428111853j:plain

 

f:id:paktong:20200428111908j:plain