社労士PAKの労務日記

日本のどこかで開業中の社会保険労務士PAKです。お役立ち情報をちょろちょろとお届けします。

平成30年度 地域別最低賃金がほぼ出揃いました

本年度の最低賃金額が一部の地域を除いてほぼ出揃いました。
(当ブログ執筆時点で確定されていない県は群馬県長崎県の2県のみです)

 

どの県も7月に開催された第51回中央最低賃金審議会における答申と同じか、それを上回る改定となっています。

 

Aランクとされる「埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪」の6県は、全て答申と同じ27円アップ。

 

Dランクとされる地域では答申の23円を上回る県が目立ちます。

 

Aランクの地域に関して言うならば、「埼玉、千葉、東京、神奈川、大阪」の5県は3年連続、愛知県に至っては5年連続の20円以上アップです。

 

900円越えの県は昨年と同様「東京、神奈川、大阪」の3県。

 

多くの地域で来月1日(2018年10月1日)から改正されます(一部10月4日等の地域あり)。

 

 

もし来年もこのペースで上昇すると、すくなくとも東京都では遂に1,000円を超えることとなります。

 

最低賃金が上がることは勿論労働者にとって朗報ではありますが、あまりに急激な上昇に中小企業の体力が持つのか心配にもなります。

 

地域別最低賃金の全国一覧(H30)