社労士PAKの労務日記

社会保険労務士PAKによるブログです。お役立ち情報をちょろちょろとお届けします。

【新型コロナウイルス】フリーランス向け支援金

 連日報道されている通り、個人事業主やフリーランスと呼ばれる人たち向けの助成金に関する概要が公表されました。

 

助成金の趣旨としては

新型コロナウイルスの影響による小学校等の臨時休業等に伴い、子どもの世話を行うため、契約した仕事ができなくなっている子育て世代を支援し、子どもたちの健康、安全を確保するための対策を講じるもの 

 であり、雇用されている方とは別に創設されるものです。

 こちらも全ての個人事業主やフリーランスの売り上げを単純に保証してくれるものではなく、あくまで子どもの世話のために仕事が出来ない期間に対する助成となります。

 

 対象者は、

①又は②の子どもの世話を行うことが必要となった保護者であって、一定の要件を満たす方。
① 新型コロナウイルス感染症に関する対応として臨時休業等した小学校等(※)に通う子ども
※小学校等:小学校、義務教育学校(小学校課程のみ)、特別支援学校(高校まで)、放課後児童クラブ、幼稚園、保育所、認定こども園等
② 新型コロナウイルスに感染した又は風邪症状など新型コロナウイルスに感染したおそれのある、小学校等に通う子ども  

 であり、

 

 要件としては現在

・個人で就業する予定であった場合
・業務委託契約等に基づく業務遂行等に対して報酬が支払われており、発注者から一定の指定を受けているなどの場合 

 とだけ公表されています。これだけではどのような区切りになるのか不明な点が多いですが、今後詳細が定まることとなると思われます。

 

 支援額は

就業できなかった日について、1日当たり 4,100円(定額)  

 

 適用される休業の期間は

適用日:令和2年2月27日~3月31日
※春休み等、学校が開校する予定のなかった日等は除く。  

 となっております。

 

 個人の日々の生活に関する問題ですので、通常の助成金のように受理から支給決定までに数カ月もかかったり、社労士などの専門家に頼まなければならないような複雑な手続きになってはいけないと個人的には思っており、素早い対応が望まれるところです。

 

 金額の大小に対する意見は様々でしょうが、該当される方はひとまず念頭において頂ければと思います。

 

 詳細が公表されれば改めてご紹介いたします。

 

www.mhlw.go.jp

 

f:id:paktong:20200311105543j:plain