社労士PAKの労務日記

日本のどこかで開業中の社会保険労務士PAKです。お役立ち情報をちょろちょろとお届けします。

2019年度雇用保険料

 先日2019年度(2019年4月1日~2020年3月31日)の雇用保険料率が決定しました。

 

 結論からご紹介すると、今年度は昨年度から変更はありません。

 

 一般の事業に関しては、失業等給付の保険料率は労働者・事業主負担共に引き続き「3/1000(0.3%)」、雇用保険二事業の保険料率(事業主のみ負担)も引き続き「3/1000(0.3%)」となっています。

 

 まとめると、

 事業主負担合計=6/1000(0.6%)

 労働者負担=3/1000(0.3%)  

※いずれも一般の事業(農林水産・清酒製造、建設の事業に関してはリーフレットをご確認ください)

 

 詳細は以下のリーフレットをご覧ください。

平成31年度の雇用保険料率について(厚生労働省)

 

f:id:paktong:20190312103409j:plain